ランドローバー ディフェンダー、年内に生産が最終段階へ

自動車 ビジネス 企業動向
ランドローバー ディフェンダー ブラックパック
ランドローバー ディフェンダー ブラックパック 全 6 枚 拡大写真
英国の高級SUVメーカー、ランドローバーの原点ともいえる伝統のモデル、『ディフェンダー』。同車の生産が、いよいよ終わりを迎えることが分かった。

現行ディフェンダーは1983年に発表。ランドローバーの第1号車として1948年にデビューした「シリーズ1」の伝統を受け継ぎ、高い悪路走破性を第一に追求したモデル。その無骨なまでのフォルムと卓越したオフロード性能は、世界中で多くのファンに支持されている。

ランドローバーは6月22日、「現行ディフェンダーの生産が、2015年12月に最終段階に入る」と発表。30年以上に渡って生産されてきたディフェンダーが、いよいよ最終局面を迎えることを告げている。

なお、次期型の計画については、現時点では公表されていない。ランドローバーはすでに、次期ディフェンダーを示唆したコンセプトカー、『DC100』を披露してきた。

ランドローバーは、ディフェンダーの累計生産200万台を記念したワンオフモデルを、2015年末に開催される有名自動車オークション、ボナムスに出品予定。現行ディフェンダーの生産が最終段階に入るのと、タイミングを合わせている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ランドローバー・ディフェンダー 新型の純正ルーフテント
  • ランドローバー・ディフェンダー 新型(110)
  • ランドローバー・レンジローバー の50周年記念車「レンジローバー・フィフティ」と初代ランドローバー・レンジローバー
  • ニューディフェンダー ジャパンプレミアオンライン
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ