ヤマハのコンセプトヴィークル『GENシリーズ』が集結…3台が日本初公開

モーターサイクル 企業動向
ヤマハ03GEN-x
ヤマハ03GEN-x 全 32 枚 拡大写真
六本木ヒルズで7月3~5日に開催された、ヤマハとヤマハ発動機の合同デザインイベント「Two Yamahas, One Passion ~デザイン展2015~」。ここではヤマハ発動機が2014年から公開してきた新世代コンセプトモデル『GEN』シリーズの全機種も展示された。

これまでに公開されたGENシリーズは3種(5台)。そのうち『03GEN-x』はリリースと画像のみの公開だったため、今回のイベントが実車のワールドプレミアとなる。またこれまで日本で公開されたのは、電動アシスト車椅子の『02GEN Marge』、『02GEN Taurs』の2台のみだったため、『01GEN』と『03GEN-f』が日本初公開となっている。

03GEN-xは発売中の『トリシティ』のメカニズムをほぼそのまま使って作られた、03GEN-fの姉妹モデル。ロードレースマシンのシャープなイメージを近未来的に表現した03GEN-fにたいして、典型的なスクランブラースタイルを採用する。

これはレトロが狙いではなく、ヤマハによれば「最先端のLMW(リーニングマルチホイール)構造と、スクランブラーというクラシックなカルチャーを『クロス』させた、タイムレスなデザイン」だという。

なおGENシリーズはいずれも、将来のヤマハのデザインを模索するためのスタディモデルであり、これらの造形が直接的に商品へ反映されるわけではない。機種ごとにコンセプトも造形の雰囲気も異なっているのはそのためだ。

ヤマハにはATVをはじめとする4輪車や、スノーモービルやボートなど「車輪のない乗り物」もある。これらのコンセプトモデルがGENシリーズで提案されるということはあるのだろうか? デザイン本部の長屋明浩本部長は「シリーズはまだこれからも続きます」と述べるのみ。どんな提案が出てくるかはお楽しみに、というわけだ。

ところでこのイベントでは、楽器のコンセプトモデルも展示された。かつてのショルダーキーボード『ショルキー』を思い浮かべる人もいそうな『ボーカロイドキーボード』は、ボーカロイドによる音声読み上げを鍵盤でコントロールするもの。

事前に本体へ入力した音声データを、演奏時の雰囲気に合わせて柔軟に「歌わせる」ことができるのが特徴。また音階やメロディ、スピードは鍵盤操作に従うので、数人(数台)で「ハモる」こともできる。「まだ試作段階で、発売するかどうかも未定」とのことだが、会場では市場投入への強い意欲を感じた。

《古庄 速人》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. MVアグスタ、スーパースポーツバイク『F3 RR』を発表…シリーズ最高峰
  3. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
  6. トライアンフが『ボンド・エディション』を発表…007新作スタントシーンを記念
  7. マツダ、RX-8とアテンザ 1万2000台を追加リコール…燃料漏れ
  8. BMW 5シリーズ 次期型デザインを大予想!発売はまだまだ先?
  9. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  10. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
ランキングをもっと見る