【リコール】三菱 トライトン、タカタ製エアバッグに不具合

自動車 ビジネス 企業動向
三菱 トライトン
三菱 トライトン 全 2 枚 拡大写真
ミツビシモータース(タイ)は7月23日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とするリコール(回収・無償修理)を国土交通省にを届け出た。

対象となるのは、『トライトン』1車種で、2006年8月30日から2010年4月28日に製造された1396台。

運転者席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、他社で市場回収品を調査した結果、ガス発生剤の密度にばらつきが大きいものを確認した。このため、原因は判明していないが、エアバッグ展開時に正常に展開しないおそれがあることから、予防的措置として当該インフレータを新品に交換する。

全車両、予防的措置として、運転者席用エアバッグのインフレータを新品と交換、回収して不具合原因調査を実施する。

不具合および事故は起きていない。部品メーカーからの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱L200チャレンジャー
  • 三菱 トライトン
  • 三菱 L200 新型のeスポーツコンセプト
  • 三菱 トライトン・アブソルート
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー メガーヌ 改良新型(スクープ写真)
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/07/24/256284.html/article/2015/07/24/256283.html/article/2015/07/24/256285.html