三菱ふそう、大型観光バス エアロクィーン などに車線逸脱警報装置

自動車 ニューモデル 新型車
三菱ふそう エアロクィーン
三菱ふそう エアロクィーン 全 1 枚 拡大写真
三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、安全機能・燃費性能を改良した、大型観光バス『エアロクィーン』、『エアロエース』と『エアロエース ショートタイプMM』を、7月24日より発売した。

3車種は、三菱ふそうが世界に先駆けて開発した、運転注意力モニター/車線逸脱警報システム「MDAS-III」に改良を加え、「車線逸脱警報装置(LDWS)の保安基準」に適合。全車に「車線逸脱警報装置」を標準装備し、安全運転を積極的にバックアップする。

また、エアロクィーンとエアロエースは、6R10エンジンに新型エアコンプレッサを採用し、さらなる燃費性能の向上を実現。平成27年度重量車燃費基準+15%を達成し、自動車重量税は免税、自動車取得税は非課税となった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱ふそう eキャンター
  • 三菱ふそうトラック・バスが開催した自動運転化を議論するシンポジウム
  • 三菱ふそうローザ2019年モデル撮影用特別仕様
  • 「エアロスター」2019年モデル(撮影用特別仕様車)
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/07/28/256614.html/article/2015/07/28/256613.html/article/2015/07/28/256615.html