香港発キャセイパシフィック便、アラスカ近くに緊急着陸

航空 企業動向
キャセイパシフィック航空(イメージ)
キャセイパシフィック航空(イメージ) 全 1 枚 拡大写真
香港のキャセイパシフィック航空は7月30日、香港時間29日12時55分に出発したボーイング777-300ER型CX884便が目的地のロサンゼルスに向かう途中、アラスカに近いシェミア島の軍用空港に緊急着陸した事案の最新情報を発表した。

CX884便は操縦室内で煙を探知したため、北太平洋に浮かぶ島の軍用空港に着陸。同空港で技術的問題を解決し、30日6時11分にアンカレッジに到着。乗客276人は香港からの臨時便(CX884D便)に乗り換え、14時48分に出発した。ロサンゼルス到着予定時刻は19時28分。

キャセイパシフィックの幹部は乗客に謝罪した上で、安全が常に最優先事項であり続けると強調し、今回のインシデントの原因を徹底的に調査すると強調した。現時点では床下の冷却ファンが故障し、煙が発生したとみられる。なお、乗客と乗務員は全員無事だった。

《日下部みずき》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV