デルファイ、米ソフトウェア企業に投資…燃費向上技術の開発を促進

自動車 ビジネス 企業動向
Tulaテクノロジー社
Tulaテクノロジー社 全 1 枚 拡大写真
米国の大手自動車部品メーカー、デルファイ・オートモーティブは7月30日、Tulaテクノロジー社に投資すると発表した。

デルファイは、もともとGMの部品製造子会社。1999年にGMから分社し、独立した企業となった。しかし、2000年代に入って経営状態が悪化。2005年10月、日本の民事再生法に当たる米連邦破産法11条の適用を申請し、事実上、経営破綻した。その後、経営再建を進め、2011年11月、米国ニューヨークの証券取引所に再上場を果たした。

Tulaテクノロジー社は、ソフトウェアの開発企業。燃費の改善に効果のある気筒休止技術において、そのソフトウェアを提供している。

デルファイとTulaテクノロジー社のエンジン制御ソフトウェアは、燃費を高め、排出ガスを低減。デルファイによると、気筒休止技術は、最大で15%の燃料コストの削減を可能にするという。

今回、デルファイは、Tulaテクノロジー社への投資を決定。燃費向上技術の開発を、いっそう強化していく。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ