【Can-Am Spyder F3 試乗】クイックな動きはまるでレーシングカート…青木タカオ

モーターサイクル 新型車
Can-Am Spyder F3
Can-Am Spyder F3 全 15 枚 拡大写真
エンジンもハンドリングもかなり過激だ。

まず、ロータックス製の直列3気筒エンジンはスロットルレスポンスが鋭く、低回転域から力強い。全域でトルクフルでパワーが落ち込む領域が見当たらない。

独特といえるハスキーな排気音とともに、最高出力115hp(86 kW)を発揮する7250rpmまでスムーズに回り、そのままアクセルを開け続ければレブリミッターが効く8100rpmまで淀みなく回る。

バイクに乗り慣れた人なら大丈夫だろうが、この加速に対応するためにはバイクに乗るときのように、アンクルグリップを決めて下半身で体をホールドしておく必要がある。それほどにまで、ダッシュが強烈なのだ。

セミオートマチック仕様の6速トランスミッションは、左手の親指でシフトアップし、人差指でシフトダウンとなる。シンプルで操作性が良く、走りに集中できる。減速時のみ何もしなくてもインテリジェントシステムが機能し、自動的にシフトダウンしてくれるのもいい。

クイックなハンドリングもF3の大きな魅力。アンチロールバーを備えたAアーム・フロントサスペンションと電子制御されたパワステによって、ハンドルへの入力に対しじつに敏感に、そして自然に舵角がつき、ノーズの向きを思うがままに変えられる。

このクイックな動きはまるでレーシングカート。限界点はかなり高く、コーナリングではエキサイティングな走りが楽しめる。

■5つ星評価
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
コンフォート:★★★
お目立ち度:★★★★★
オススメ度:★★★★★

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト
バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。国内外のモーターサイクルカルチャーに精通しており、取材経験はアメリカやヨーロッパはもちろん、アフリカや東南アジアにまで及ぶ。自らのMXレース活動や豊富な海外ツーリングで得たノウハウをもとに、独自の視点でオートバイを解説している。現在多くのバイク専門誌、一般誌、WEB媒体で活動中。

《青木タカオ》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/08/31/259011.html/article/2015/08/31/259010.html/article/2015/08/31/259012.html