スバル米国販売、4.9%増の5万台超え…月販新記録 8月

自動車 ビジネス 海外マーケット
スバル フォレスター(米国仕様車)
スバル フォレスター(米国仕様車) 全 5 枚 拡大写真
スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは9月3日、8月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は、8月の月販新記録の5万2697台。前年同月比は4.9%増で、45か月連続で前年実績を上回った。

牽引役を果たしたのは、2013年春にモデルチェンジした『フォレスター』。8月の記録を更新する1万7565台を販売。前年同月比は6.9%増と、引き続き好調だった。フォレスターの月販台数が1万台を超えたのは、25か月連続。

一方、主力車種の『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)は後退。8月は1万1113台にとどまり、前年同月比は2.8%減と、3か月連続で減少した。セダン版の『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)も、28.5%減の4281台と、2か月連続のマイナス。

2012年9月に発売された『XVクロストレック』(日本名:『インプレッサXV』)は好調。8月の新記録となる8799台を販売。前年同月比は6.7%増と、9か月連続で前年実績を上回った。

また、『WRX』シリーズも回復傾向。8月はWRXが、『WRX STI』を含めて、3367台を販売。前年同月比は、128.4%増と、3か月連続の前年超え。また、『インプレッサ』(「WRX」を除く)は8月、7074台を販売。前年同月比は19.1%増と、2か月連続で前年実績を上回る。

スバルの2014年米国新車販売は、前年比21%増の51万3693台と、年間販売の新記録。2015年1‐8月は、前年同期比12.5%増の37万5632台だった。スバルオブアメリカのトーマスJ・ドール社長兼COOは、「8月の記録的な販売は、顧客に最高のサービスを提供してくれるディーラーの努力のおかげ」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ86(2016年)
  • スバル・クロストレック(XVに相当)の2020年型
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル インプレッサ WRC (2007年)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/09/03/259273.html/article/2015/09/03/259272.html/article/2015/09/03/259274.html