日立、英国に鉄道車両工場開設…高速車両など製造

鉄道 企業動向
日立は英国に鉄道車両工場を開設。新工場では写真の高速車両、クラス800などを製造する
日立は英国に鉄道車両工場を開設。新工場では写真の高速車両、クラス800などを製造する 全 2 枚 拡大写真
日立グループの英国鉄道システム事業会社「日立レールヨーロッパ」は9月3日、同国イングランド北東部ダーラム州のニュートン・エイクリフに建設した鉄道車両工場の開所式を行ったと発表した。同社が2012年に受注した都市間高速鉄道計画(IEP)向け車両などを製造する。

工場の広さは約4万3000平方メートルで、総額約8200万ポンド(約150億円)を投じて建設。IEP向けの高速車両「クラス800」や、スコットランド向けの近郊用車両「AT200」などを製造する。英政府によると、現地で直接的に生まれる雇用は約700人で、サプライチェーン全体では何千人もの雇用創出が見込まれているという。

開所式には同国のデイビッド・キャメロン首相をはじめ約500人が参加。発表によると、キャメロン首相は「今回の日立の巨額投資は、成長し続けている英国経済の強さに対する自信を象徴しています。新工場の開所により、雇用創出に限らず、次世代の都市間鉄道車両の製造に取り組むことを通して、利用者の利便性の向上、英国の成長に必要なインフラの強化が期待されます」とコメントした。

日立はIEP向け車両として、電気・ディーゼル両用の「クラス800」と電車の「クラス801」を合わせ、これまでに東海岸本線用497両、グレートウェスタン本線用369両の計866両(122編成)を受注。近郊列車用の「AT-200」は今年3月に、スコットランドの鉄道を運行するオランダ企業のアベリオから計234両を受注している。

また、7月には英国の鉄道運行会社、ファーストグループから英南西部向けに都市間輸送用車両「AT-300」を受注したほか、ロンドンの通勤鉄道「テムズリンク」の運行管理システムも受注し、英国での存在感が高まっている。

《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 札幌圏での業績向上の立役者となっている新千歳空港~札幌・小樽間の快速『エアポート』。2020年春のダイヤ改正では、毎時4本から5本に増強される予定。2019年2月撮影。
  • 男鹿線を走るEV-E801系。2020年春以降、同線内の列車がこの車両に統一される。
  • 明治時代中期に設立された近江鉄道には歴史を感じさせる駅も多い。写真は2017年8月に再生された大正建築の日野駅。
  • 常磐線復旧区間と未復旧区間の北の境界となっている浪江駅。
  • 上総中野駅に並ぶ小湊鐵道(右)といすみ鉄道の気動車(左)。黄色い車両は、現在は運行されていないいすみ鉄道の「ムーミン列車」。2010年9月撮影。
  • 「先進的でスピード感ある車体形状とそれを際立たせるメタリック塗装」とした80000系『ひのとり』の外観。
  • 高輪ゲートウェイ駅を俯瞰した全景(11月時点)。アクセントとなる大屋根は折り紙をモチーフにした障子をイメージしたという。
  • 札樽トンネル部分の平面図(上)と縦断面図(下)。手稲トンネルを延伸する形で札幌の市街地区間を地下トンネルで抜けるが、手稲トンネルの出口に近い星置・富丘両工区では有害物質を含む残土の受入れ先が決まらず、着工に至っていないため、札幌市では鉄道・運輸機構が事前調査に入る同意を求める説明会が行なわれているが、大きな進展は見られない。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/09/06/259478.html/article/2015/09/06/259477.html/article/2015/09/06/259479.html