カストロール、普段の買い物で世界をよくする「ポジティブ消費」を紹介 | レスポンス(Response.jp)

カストロール、普段の買い物で世界をよくする「ポジティブ消費」を紹介

自動車 ビジネス 国内マーケット

インフォグラフィックス「ふだんの買い物で世界を”ちょっと”よくできるポジティブ消費」
インフォグラフィックス「ふだんの買い物で世界を”ちょっと”よくできるポジティブ消費」 全 7 枚 拡大写真
BPカストロールは、CO2ニュートラルや地球環境保全、発展途上国の労働環境の改善をサポートできる買い物を「ポジティブ消費」と名づけ、それを紹介するインフォグラフィックスを公開した。

BPカストロールは、エンジンオイルとしては世界初の「CO2ニュートラル」認定製品となる、カーディーラー専用エンジンオイル「カストロールプロフェッショナル」を2015年8月より販売を開始した。

CO2ニュートラルとは、大気中に排出されるCO2をゼロ(ニュートラル)にする活動のこと。認定商品は原材料・製造行程の見直しや技術的な取り組みにより、商品そのものが排出するCO2の量を減らすとともに、植樹や森林保全などの地球環境事業への参加により、排出量すべてをゼロにし、CO2ニュートラルを実現している。

同社が公開したインフォグラフィックス第1弾では、「ふだんの買い物で世界を”ちょっと”よくできるポジティブ消費」で、フェアトレード、レインフォレスト・アライアンス、そしてCO2ニュートラルの仕組みを紹介する。

「フェアトレード」とは、生産者から労働にみあったフェアな価格で商品を購入・消費する仕組み。「レインフォレスト・アライアンス」は、労働環境の改善、熱帯雨林や森林の環境保全、およびそこに住む野生動物の保護に取り組んでいる農園が取得することのできる認証のことだ。

BPカストロールでは、インフォグラフィックスを通じ、ふだんの買い物で、自然環境の保全や発展途上国の労働環境の改善などをサポートできる「ポジティブ消費」を広く紹介していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

関連ニュース

編集部ピックアップ

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集