クライスラー、19万台をリコール…サイドエアバッグが安全基準に達せず

自動車 ビジネス 海外マーケット
ラム1500
ラム1500 全 1 枚 拡大写真
米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)は9月10日、エアバッグの不具合により、米国でおよそ19万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、後席のサイドカーテンエアバッグに不具合があるため行われるもの。FCA USによると、サイドカーテンエアバッグが、米国連邦政府の安全基準を満たしていないことが判明したという。

なお、FCA USでは、この不具合に起因した負傷者や事故の報告はない、としている。

リコールの対象となるのは、2014-2015年モデルのラム『1500』の「クワッドキャブ」。米国で販売された約18万8000台が、リコールに該当する。

FCA USは、「横滑り防止装置のESCが全車に標準装備されているため、横転のリスクは少ない」と説明している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • FCAのアメリカ、オーバーンヒルズ本社
  • FCAのラムブランドの商用車
  • FCAの個人間でのカーシェア支援アプリ「I-Link」のイメージ
  • FCAとPSAグループの合併後の新会社「ステランティス」のロゴ
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ EV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ