8月2日を「オートパーツの日」に制定…自動車アフター業界活性化へ

自動車 ビジネス 国内マーケット
8月2日「オートパーツの日」の記念日登録証
8月2日「オートパーツの日」の記念日登録証 全 2 枚 拡大写真
日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)は、8月2日が「オートパーツの日」として日本記念日協会に承認されたことを発表した。

「オートパーツの日」を制定した由来は、8月(August)を「オート」、8月2日を「パーツ」と語呂合わせしたのだという。毎年8月2日前後にオートパーツのアップグレード及び消耗品の点検・交換促進を訴求し、安心かつ楽しいカーライフを啓発することを目的とする。

同振興会も加盟するオートアフターマーケット活性化連合(AAAL)による記念日制定は、自動車用品小売業協会が4月28日を「ヨイツヤ」、11月28日を「イイツヤ」と語呂合わせし制定した「洗車の日」に続き2件目。

《徳田龍磨》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レイズエンジニアリング 設計開発部長 伊藤氏(左)、レイズ 代表取締役社長 三根氏(中央)、レイズ 執行役員 第一商品企画部部長 加藤氏(右)
  • 右奥(横山専務)
  • 「洗車の日」イベント(東京オートサロン2020)
  • 純正車高で乗り心地が大幅アップするサスペンション。TEIN『エンデュラ・プロ』登場
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ