横田基地日米友好祭、今年も MV-22 オスプレイを展示

航空 エンタメ・イベント
昨年は事前予告なしに機内公開もされ、大人気だったMV-22オスプレイ。
昨年は事前予告なしに機内公開もされ、大人気だったMV-22オスプレイ。 全 10 枚 拡大写真
在日アメリカ空軍・横田基地(東京都福生市)は19日と20日、恒例となった「横田基地日米友好祭(フレンドシップフェスティバル)」を開催する。アメリカ軍や自衛隊の航空機を展示するほか、アメリカンフードを楽しむこともできるイベントとなっている。

在日アメリカ軍の横田基地は東京都の西部にあり、今では航空自衛隊の司令部(航空総隊司令部)も所在している。以前は「夏のイベント」として知られていたが、昨年から夏の暑さを避けて9月に開催することとなった。

昨年は関東で初めて「MV-22オスプレイ」を展示したことで注目を集めたが、今年の目玉もオスプレイとなっている。沖縄の普天間基地に所属する部隊の機体が18日までの予定で横田を拠点とした離着陸訓練を行っており、その機体がそのまま展示されるものとみられる。

展示が予定されている航空機は、アメリカ軍がMV-22(オスプレイ)、P-8、E-3、F-15C、 HH-60G、KC-135、F-16、A-10、EA-6、MC-130J 、C-17 、C-130H、UH-1、C-12J。自衛隊がCH-47、RF-4、UH-60J、T-4、 U-125A 、CH-47J 、C-130H、KC-767 、F-15J 、F-2、YS-11、U-4となっているが、変更の可能性もある。

航空機だけではなく、場内の模擬売店で販売される数々のアメリカンフードも友好祭の魅力。ビーフステーキやターキーレッグ、チーズケーキやピザなどいろいろなグルメが楽しめる。日本国内では流通していない、アメリカ限定のエナジードリングをお土産にする人も多い。

両日とも午前9時から午後9時の開催で、入場は午後8時まで。最寄り駅はJR青梅線の牛浜駅となるが、開門前後の時間帯は非常に混雑することが予想されており、基地では同線の拝島駅、八高線の東福生駅などの利用も呼びかけ、混雑緩和への協力も求めている。

《石田真一》

この記事の写真

/

ピックアップ