日産 ムラーノ ハイブリッド、日立オートモティブ製リチウムイオン電池を採用

自動車 ビジネス 企業動向
日産 ムラーノ
日産 ムラーノ 全 2 枚 拡大写真
日立オートモティブシステムズは、日産自動車が8月に中国で販売開始した新型『ムラーノ ハイブリッド』向けに、高出力リチウムイオン電池パックが採用されたと発表した。

新型ムラーノ ハイブリッドに採用されたリチウムイオン電池パックは、日立オートモティブシステムズのグループ会社である日立ビークルエナジーが製造する円筒形電池セルを複数搭載した電池モジュールや、BMS(電池制御システム)などを一つの筐体に収納したもの。

世界的に環境規制が強化される中で、ハイブリッド車をはじめとする電動車両の普及が見込まれる。日立オートモティブシステムズは、1999年に電動車両用リチウムイオン電池を商品化、これまでハイブリッド車向けに、累計650万セル以上、電動車両台数約16万台相当のリチウムイオン電池を市場に供給してきた。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ラーズ
  • 移動データに関する国際標準と適用事例
  • トヨタ・プリウスPHV(参考画像)
  • 本町山中有料道路でのワンストップ型ETCの社会実験(概念図)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ