ブリヂストン、米ソフト会社を買収…オンラインタイヤ販売を強化

自動車 ビジネス 企業動向
タイヤコネクトのロゴ
タイヤコネクトのロゴ 全 1 枚 拡大写真
ブリヂストンの米国法人、ブリヂストンアメリカズは10月22日、ソフトウェア会社のタイヤコネクトシステムズ社を買収すると発表した。

タイヤコネクトシステムズ社は、カナダに2012年に設立。米国およびカナダのおよそ600のタイヤ販売店に、オンラインでのタイヤ販売ソリューションを提供している。

ブリヂストンはタイヤコネクトシステムズ社を買収することで、北米のブリヂストンの販売ネットワークに、同社のオンラインタイヤ販売システムを導入。2016年初頭から、サービスを開始する予定。

タイヤコネクトシステムズ社のソフトウェアは、顧客や販売店のスタッフが、最適なタイヤを素早く見つけ、価格も表示できるのが特徴。

ブリヂストンアメリカズのジョン・アラッタ社長は、「タイヤコネクトシステムズ社を買収することで、顧客、販売店、ディストリビューターにメリットのあるオンラインタイヤ購入への道が開けるだろう」と述べている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ