【SEMAショー15】シボレー「レッドライン」初公開…カマロなど5車種

自動車 ニューモデル 新型車
シボレー カマロ レッドライン コンセプト
シボレー カマロ レッドライン コンセプト 全 11 枚 拡大写真
米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは10月21日、米国ラスベガスで11月に開催されるSEMAショー15において、「レッドライン コンセプト」を初公開すると発表した。

レッドライン コンセプトは、『カマロ』、『マリブ』、『トラックス』、『コロラド』、『シルバラード1500』と、幅広い5車種に設定。SEMAショー15では、ほぼ市販車状態のコンセプトカーとして、展示される。

レッドラインコンセプトの中で、最もスポーツ性を鮮明にしているのが、カマロ。ドアミラーカバーと窓回りは、サテングラファイト仕上げ。20インチのアルミホイールも、サテングラファイトとした。

また、フォグランプベゼルは赤、カマロのエンブレムはグロスブラックで、赤いアクセント入り。専用のデカールも貼り付けられる。

この他、シボレーの「パフォーマンスパーツ」を装着。車高が20mmダウンするサスペンションキットをはじめ、エアインテークキットやブレーキパッケージが採用されている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ