【東京モーターショー 15】ホンダ八郷社長「20年めど高速道路で自動運転実用化を目指す」

自動車 ニューモデル モーターショー
ホンダ 八郷隆弘 社長
ホンダ 八郷隆弘 社長 全 4 枚 拡大写真
ホンダの八郷隆弘社長は10月28日に開いたプレスカンファレンスで、2020年をめどに高速道路での自動運転の実用化を目指し、技術開発を進めていることを明らかにした。

八郷社長は「ホンダはクルマ社会が抱える課題である交通事故や渋滞、高齢化に伴う移動の問題などにも向き合っている。自動運転が実現できれば危機回避性能と運転支援性能がさらに高まり、ホンダが目指す安全性の究極の目標である『事故ゼロ』と『自由な移動の喜び』の提供が可能になる」と指摘。

その上で「そのためには高度な知能化技術、高性能の外界認識センサーや高精度の地図などを使ってクルマの状況を認知し、次の行動を決定できる制御機能を備えた自動運転の実現が不可欠。具体的には2020年をめどに高速道路における自動運転の実用化を目指し、技術開発を進めている」と述べた。

《小松哲也》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アンソニー・ロー氏(ルノー)
  • 日本自動車工業会 豊田章男 会長
  • 三菱 エンゲルベルクツアラー
  • アルピナ BMW ALPINA XD4 Allrad
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ