【東京モーターショー 15】日産ゴーンCEO「自動運転の量産化は行政次第、日本は最有力」

自動車 ニューモデル モーターショー
日産自動車 カルロス・ゴーン CEO
日産自動車 カルロス・ゴーン CEO 全 3 枚 拡大写真
日産自動車のカルロス・ゴーンCEOは10月28日、東京モーターショー会場で国内外の報道陣との会見に応じ、2020年の実用化を目指している一般道路での自動運転について「実際に自動運転を導入する準備ができている国があるとすれば、それは日本だと思う」との考えを示した。

ゴーンCEOは「私たちの仕事はまず技術を揃えるということ。信頼できる技術、デバイスが揃い、市街地での自動走行が可能になるのが2020年。ただそれを量販できるかどうかというのはやはり誰が何を決めるかによる。従って20年には私達は準備ができているということ。量販できるか否かは行政次第になる」と指摘。

その上で「実際に自動運転を導入する準備ができている国があるとすれば、それは日本だと思う。なぜなら日本では公道での自動運転のテストが可能だからだ。欧州では公道でのテストはできない。今でもテストする場所を探すことで苦労している」と述べた。

《小松哲也》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ