【東京モーターショー15】レクサス LF-FC、次期 LS は4ドアクーペか

自動車 ニューモデル モーターショー
レクサス LF-FC コンセプト(東京モーターショー15)
レクサス LF-FC コンセプト(東京モーターショー15) 全 14 枚 拡大写真
レクサスが10月28日、東京モーターショー15で初公開したコンセプトカーの『LF-FC』。同車は、デビューからおよそ9年が経過し、モデルチェンジのタイミングを迎えつつある『LS』の次期型を示唆している可能性がある。

レクサスはLF-FCについて、「将来のレクサスのフラッグシップカーをイメージしたコンセプトカー」とコメント。レクサスのフラッグシップ車といえは、LS。このLF-FCが、次期LSのプレビューモデルと受け取れる。

LF-FCのボディサイズは、全長5300mm、全幅2000mm、全高1410mmと、堂々の大きさ。現行LSのロングボディ(全長5210mm、全幅1875mm、全高1475mm)と比較すると、LF-FCは90mm長く、125mmワイド、65mm背が低い。ロー&ワイドが特徴となる。

LF-LCの外観で目を引くのが、ロングノーズ&ショートデッキのフォルムだろう。レクサスは、「アグレッシブなエレガンス、そして4ドアクーペデザイン」と説明。レクサスLSは、メルセデスベンツ『Sクラス』、BMW『7シリーズ』、アウディ『A8』と、ドイツ3強のフラッグシップサルーンと競合してきた。LF-LCが次期LSのプレビューとすれば、次期型には強い個性が表現されることになる。

レクサスは、現行LSを示唆したコンセプトカーを、2005年秋の東京モーターショー05に、『LF-Sh』として出品。これが、現行LSのハイブリッド車、「LS600hL」につながった。10年後の東京モーターショー15で初公開したLF-FCを、次期LSの燃料電池車につなげようというのが、レクサスの未来戦略かもしれない。

《森脇稔》

【画像】【東京モーターショー15】レクサス LF-FC、次期 LS は4ドアクーペか(14枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  4. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  5. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  6. スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP
  7. ADVANスポーツV105、VWの高性能SUVコンセプトモデルに装着
  8. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  9. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  10. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
ランキングをもっと見る