トヨタ紡織、全日空と共同開発した航空機用シートを初出展…メッセナゴヤ

自動車 ビジネス 国内マーケット
トヨタ紡織が航空機用シートを初めて開発
トヨタ紡織が航空機用シートを初めて開発 全 3 枚 拡大写真
トヨタ紡織は、11月4日から7日まで開催される異業種交流展示会「メッセナゴヤ2015」にトヨタ紡織グループ2社と共同出展する。

今回は、全日空とトヨタ紡織が共同開発した国内線普通席シートを初出展。自動車用シート開発で培ったノウハウを生かし、「座り心地」「使いやすさ」「空間」にこだわり、小柄な人から大柄な人までリラックスできる航空機シートをトヨタ紡織として初めて開発・製造した。

自動車用シートでは、レクサス『GS F』および『MIRAI』に搭載されている独自開発の「表皮一体発泡工法シート」を出展。身体のラインに沿った理想的なシート形状をつくり出し、心地よいフィット感、ホールド感を実現している。また、『ポルテ』および『スペイド』特別仕様車向けのウォッシャブルカバーシートも展示する。

そのほか、MIRAIに搭載されているセパレーターなどの燃料電池関連部品、レクサスGSに使われている、植物由来原料を活用し、軽量化したドアトリムなどを出展する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ紡織、刈谷本社・新本館
  • トヨタ紡織製シート(トヨタ・プリウス)
  • トヨタ紡織
  • トヨタ・ヤリス新型
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ