東名道・海老名JCT、ランプウェイを暫定2車線に…渋滞緩和対策

自動車 社会 行政
圏央道北側に向かうランプウェイ
圏央道北側に向かうランプウェイ 全 4 枚 拡大写真
NEXCO中日本は、東名高速道から圏央道北側に向かうランプウェイ(外回り方向のランプウェイ)で発生する渋滞対策のため、10月30日から、東名高速道路・海老名JCTの外回り方面のランプウェイを暫定的に2車線で運用する。

海老名JCT周辺は1日に約2万3000台の交通量がある。主に平日の通勤時間帯にDランプとFランプの合流部で渋滞が発生する。

東名高速と並行する新東名高速道路が全線開通するまでの渋滞対策として、道路幅は変更せずに、車線幅や路肩幅を狭めることで暫定的に2車線運用を行う。また、圏央道と外回り方向のランプウェイがスムーズに合流できるように、圏央道本線(外回り)の一部区間で2車線から1車線運用を行う。

《編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダRVF750(1992年鈴鹿8耐優勝車)
  • 過去の渋滞実績の重ね合わせイメージ
  • 新名神高速道路・新四日市JCT~亀山西JCT、東海環状自動車道・大安IC~東員ICの開通1カ月の効果
  • 点検楽っく
  • BMW M2 CS スクープ写真 
  • メルセデスベンツ GLA 次期型スクープ写真
  • ルノー メガーヌ PHEV スクープ写真
  • BMW M3 ツーリング 予想CG スクープ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/10/31/263281.html/article/2015/10/31/263280.html/article/2015/10/31/263282.html