マセラティ ギブリ に日本限定モデル…400万円超える特別装備

自動車 ニューモデル 新型車
マセラティ ギブリ スカテナート
マセラティ ギブリ スカテナート 全 4 枚 拡大写真
マセラティ ジャパンは、ミドルサイズのラグジュアリースポーツセダン『ギブリ』に国内導入2周年を記念した日本特別限定仕様車「ギブリ スカテナート」を設定し、11月11日より台数限定で販売を開始する。

ギブリは、マセラティ初のEセグメントモデルとして2013年11月に国内デビュー。優れた性能と操縦性やエレガントなデザインに加え、戦略的な価格が多くの支持を集め、導入から2年で1600台以上のセールスを記録している。

特別限定モデル「ギブリ スカテナート」は、イタリア語で「解き放たれた」という意味を持つ「スカテナート」を冠し、内外装に400万円を超える数々の装備を配し、個性あふれる日本特別仕様とした。

マセラティ伝統のシャドーラインにより、トリムをブラックアウト。ドアハンドルはボディ同色のホワイトとし、エレガントなデザインに精悍な雰囲気を加えた。フロントグリルのトライデントとサエッタロゴにはマセラティのコーポレートカラーを表すブルーアクセントを施したほか、ブルーブレーキキャリパーを採用。車名が入ったデディケーションプレートとともに、「スカテナート」が特別なモデルであることを表している。

さらにマセラティのモータースポーツ技術を汲む鍛造21インチ・チターノ・ホイールを装備。軽量かつ高い強度を持ち、存在感のあるデザインと特別限定のガンメタリックのホイールを粗着することで、特別限定仕様車のスポーティな印象を高めている。

販売台数は「ギブリS」ベース14台(右ハンドル)、「ギブリS Q4」ベース6台(左ハンドル)の合計20台。価格はギブリSベースが1340万円、ギブリS Q4ベースが1410万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マセラティの新カスタマイズプログラム「フオリセリエ」を適用した3台のワンオフモデル
  • マセラティ・トロフェオの3モデル
  • マセラティ・レヴァンテ・トロフェオ(2018年)
  • マセラティ・ギブリ・ハイブリッド
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ