【オートモーティブワールド16】カーエレ技術展、車載半導体メーカーが集結

自動車 ビジネス 国内マーケット
オートモーティブワールド(2015年の様子)
オートモーティブワールド(2015年の様子) 全 2 枚 拡大写真
5つの展示会による企業向け自動車次世代技術専門展「オートモーティブ ワールド2016」が、2016年1月13日から15日まで東京ビッグサイトで開催される。そのうち「第8回 国際カーエレクトロニクス技術展」には、国内外の車載半導体メーカーが勢揃いする。

クルマの電子化が進むにつれ、ますます重要となっている車載半導体。カーエレ分野では世界最大規模となる同展には、ルネサスエレクトロニクス、インフィニオンテクノロジーズジャパン、ロームなど、毎年出展している半導体メーカーに加え、新たにクアルコム、ビシェイジャパン、マイクロセミ、新日本無線などが出展。車載分野に注力する半導体メーカーが一堂に集まる「車載半導体の祭典」となる。

STマイクロエレクトロニクスはADAS(先進運転支援システム)やV2X(車車間/路車間通信)などのコネクテッドカーソリューションを、オン・セミコンダクターは車載用モータドライバ&コントローラICおよびモジュールを、テレチップスはカーナビ/ディスプレイオーディオ/テレマティクス向けARM SoC製品をそれぞれ展示する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • リアル展示会×オンライン商談
  • カンデラジャパンHMIソリューション
  • トヨタ e-Palette
  • フォード講演「EV開発、世界の最前線」(オートモーティブワールド2020 )
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ