【トヨタ GAZOOレーシングフェス15】現行 プリウスGT が有終の美、デモレースでライバル圧倒

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
4年間のGT300参戦を終えたトヨタ『プリウスGT』
4年間のGT300参戦を終えたトヨタ『プリウスGT』 全 6 枚 拡大写真
22日に富士スピードウェイで開催された「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2015」で、SUPER GT(GT300クラス)に参戦を続け、先日引退発表があった『ZVW30型 PRIUS GT』が現役ラストランを行った。

2012年にaprの31号車としてデビュー。レーシングカーとは程遠い『プリウス』をベースとしたモデルであること、さらにSUPER GTでは初めてとなるハイブリッドカー導入ということもあり、当時注目を集めた。

参戦初期はトラブルが続発し苦しんだが、同年の第6戦富士でポールポジションを獲得。決勝でもGT300の名門であるポルシェと終盤までトップ争いを演じるなど多くのレースファンを沸かせる走りを披露した。

2013年の第2戦富士でホンダ『CR-Z GT』とのハイブリッドカー対決を制し見事初優勝。2014年は勝利から遠ざかったものの、集大成となった今季は開幕戦岡山で勝利し、その後も常に上位争いを披露。ただ、ここ一番というところで不運なトラブルに見舞われシリーズチャンピオンの座を逃してしまったが、全車ウェイトハンデがなくなった最終戦もてぎでは一時同クラスのマシンを周回遅れにする勢いをみせ、今季2勝目。完璧なレース運びで公式戦を締めくくった。

シーズン終了後の『プリウスGT』引退発表だったため、当日の会場には最後の勇姿をみようとガレージにも熱心なファンが駆けつけ、写真撮影なども行っていた。そしてスーパーフォーミュラ、SUPER GT両クラスが混走するスペシャルデモレースでは、同じクラスのライバル相手に力強い走りをみせ、フィニッシュ。現行モデルであり、SUPER GTとしては新しい歴史の1ページを作ることになった現行のプリウスGTは、ここでレースを終了することになった。

《吉田 知弘》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  2. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  3. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  4. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  5. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  6. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  7. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  8. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  9. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  10. 道の駅かさま、キャンピングカー車中泊スペースにタイムズの予約制駐車場を導入
ランキングをもっと見る