日産 アルティマ と マキシマ、米国でリコール…ブレーキ脱落の恐れ

自動車 ビジネス 海外マーケット
日産 アルティマ
日産 アルティマ 全 2 枚 拡大写真
日産自動車の米国主力セダン、『アルティマ』と『マキシマ』。両車の一部車両が、米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「日産自動車の米国法人、北米日産からアルティマとマキシマに関するリコールの届け出を受けた」と発表している。

今回のリコールは、ブレーキの不具合が原因。NHTSAによると、フロントブレーキキャリパーを固定するボルトの締め付けが不充分で、キャリパーが脱落する恐れがあるという。

リコールされるのは、2015年モデルのアルティマと、2016年モデルのマキシマ。米国で販売された119台が該当する。

北米日産は、対象車を保有する顧客に通知。販売店において点検を行い、ボルトを締め直すリコール作業を実施する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ドゥカティ・パニガーレV4
  • フォルクスワーゲン ゴルフ(2015年)
  • 改善箇所
  • メルセデスAMG S63 4MATIC+クーペ
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/11/27/264993.html/article/2015/11/27/264992.html/article/2015/11/27/264994.html