【カーオブザイヤー15】スモールモビリティ部門は、スズキ アルト シリーズ

自動車 ビジネス 国内マーケット
日本カーオブザイヤー15でスモールモビリティ部門を受賞したスズキ アルト
日本カーオブザイヤー15でスモールモビリティ部門を受賞したスズキ アルト 全 6 枚 拡大写真
12月7日、今年の一台を決める「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」が発表された。軽自動車を評価する「スモールモビリティ部門」は、スズキ『アルト』シリーズが受賞した。

受賞したのはスズキ『アルト』、『アルト ターボRS』、『アルト ラパン』。新型アルトは、先代モデルに比べて60kgの軽量化。これにより前輪駆動、手動変速仕様車の重量は610kgを実現している。スポーツグレードとなるアルト ターボRSは、最高出力47kW(64ps)/最大トルク98Nmのターボエンジンに専用チューニングのサスペンションやブレーキ、専用フロントシートなどを採用。トランスミッションは、ロボタイズドMTであるAGSとなった。アルト ラパンは女性をターゲットとし、デザインから装備まで、女性向けに開発された。

受賞理由は、「軽自動車が本来持つべき魅力をとことん追求して登場した、基本性能に極めて優れたモデルとして評価した。技術的にも新開発のプラットフォームや軽量ボディ、スムーズな2ペダルAMTなど注目すべきところは多い。日常的に乗る“アシ”として軽自動車の利点を改めて広くアピールしたと言える」とした。

《関 航介》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • F1ブラジルGP
  • BMW 3シリーズ
  • トヨタRAV4
  • トヨタRAV4
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ