新京成電鉄、N800形3年ぶり増備…車体はピンクに

鉄道 企業動向
12月22日から営業運行を開始するN800形4次車。車体塗装は2014年から導入しているコーポレートカラーのピンクに変更された。
12月22日から営業運行を開始するN800形4次車。車体塗装は2014年から導入しているコーポレートカラーのピンクに変更された。 全 1 枚 拡大写真
新京成電鉄(千葉県)は12月11日、N800形電車を新たに6両(6両編成1本)導入すると発表した。12月22日から営業運行を開始する。

N800形は2005年5月にデビューした、新京成の最新車両。これまでに3編成が導入されており、今回の車両(4次車)は2012年10月以来、3年ぶりの増備になる。

4次車は車内照明やヘッドライトのLED化を図り、省エネルギー化を推進。車内案内表示器は、従来の3色LED表示器からフルカラーLCD表示器に変更し、4カ国語表示に対応した。車内LED照明とLCD案内表示器は、新京成の車両では初めての搭載になる。

車体の塗装は、2014年8月に導入したコーポレートカラー(ジェントルピンク)ベースのデザインを採用した。

《草町義和》

ピックアップ