コマツ、メキシコの鉱山機械販売・サービス会社の株式取得…メーカー主導の代理店設立へ

自動車 ビジネス 海外マーケット
コマツ(Webサイト)
コマツ(Webサイト) 全 1 枚 拡大写真
コマツは、三井物産のメキシコの子会社で、コマツ製鉱山機械のサービスを提供するロードマシナリーの60%株式を取得することについて、正式契約を締結したと発表した。

コマツは、ロードマシナリーの60%株式取得の完了後、2016年4月を目途に、子会社の建設機械代理店コマツマキナリアスメキシコ(KMEX)とロードマシナリーを統合し、持株比率がコマツ60%、三井物産40%の建設・鉱山機械の代理店を設立する予定。

コマツはメキシコの建設・鉱山機械事業を重要な市場と位置づけており、建設機械と鉱山機械の双方をカバーする代理店をメーカーであるコマツ主導で運営することでさらなる成長を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コマツ モーターグレーダー「GD405-7」
  • Vale社カラジャス鉄鉱山への導入1号機となる超大型無人ダンプトラック930E
  • コマツ PC18MR-5
  • コマツ バッテリー駆動式ミニショベル
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ