ブロードリーフ、自動車整備事業者向けシステムに部品イラスト選択機能を搭載

自動車 ビジネス 国内マーケット
部品イラスト選択機能
部品イラスト選択機能 全 2 枚 拡大写真
ブロードリーフは、自動車整備事業者向けネットワークシステム「SF.NS」および自動車部品流通サービス「BLパーツオーダーシステム」利用客向けに、部品問合せ・発注時にイラストから対象部品を選択できる新機能「BLP整備イラストサービス」を搭載したバージョンアップ版の提供を開始した。

これまで、「SF.NS」を利用して部品の問合せ・発注を行う際は、専用コード入力や、部品の名称を直接入力するといった作業が必要だった。今回のバージョンアップでは、31系統、437品目の部品をイラストで可視化し、直感的に選択できるようになった。

新機能を搭載することで、システムに詳しくない人でも簡単に利用できるようになり、部品発注作業の効率化に貢献する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブロードリーフとBEMACフィリピンズ社
  • Zenmovを持分法適用会社化して新しいモビリティサービスを提供
  • ブロードリーフの作業分析/業務最適化ソフトウェア「OTRS」のウェブサイト
  • 産業革新研究所が運営する「ものづくりドットコム」のウェブサイト
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ