ブリヂストン、ペップ・ボーイズの買収を断念…追加提案せず

自動車 ビジネス 企業動向
ブリヂストン ロゴ
ブリヂストン ロゴ 全 1 枚 拡大写真
ブリヂストンは、米国自動車用品小売大手のペップボーイズの買収を断念すると発表した。

ブリヂストンは、子会社であるブリヂストン・リテール・オペレーションズ(BSRO)がザ・ペップ・ボーイズ-マニー、モー・アンド・ジャックの株式を1株当たり15ドルで公開買付けして買収することで合意した。

これに対して投資家であるアイカーン氏が、ブリヂストンより高い買収額を提示、さらにブリヂストンがこれに対抗するなど、買収合戦に発展していた。

ブリヂストンが12月24日、買収価格を1株当たり17ドルに引き上げたところ、アイカーン氏側が買付け価格として1株当たり18.50ドルを提案、これを検討してきたがブリヂストン側は買収に向けて追加提案しないことを決定、買収を断念する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブリヂストンの石橋秀一CEO、右は東正浩COO
  • ゴム製品業界 他社牽制力ランキング
  • ブリヂストン グレイテック W953
  • 神姫バスの中型自動運転バス実証実験
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ