【東京オートサロン16】GAZOOレーシング ニュル参戦ドライバー「車造りに貢献できれば」

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタGAZOOレーシング プレスカンファレンス
トヨタGAZOOレーシング プレスカンファレンス 全 8 枚 拡大写真
トヨタGAZOOレーシングは1月15日、第44回ニュルブルクリンク24時間耐久レースに小型クロスオーバー『トヨタ C-HR』をベースとした車両を始めとする3台体制で参戦すること明らかにした。

C-HRはフランクフルトモーターショー2015で世界初公開されたばかり。代表ドライバーを務める影山正彦選手は「今年は新しい車を託され、こころ新たにチーム一丸となって車造りに貢献していければと思っている」と抱負を語った。トヨタC-HRレーシングは影山選手のほか、佐藤久美選手らがドライブする。

参戦2年めとなる『レクサス RC』の代表ドライバー木下隆之選手は「コンペティションなので当然性能は追求していくが、それだけでなく外から見ていて、すごく乗りやすそうだなと思えるような、新しいゾーンに踏み込めればと思っている。いかにもGAZOOレーシングを象徴するような車造りができればいいなと思っている」と述べた。レクサス RCのドライバーは木下選手のほか、蒲生尚弥らが務める。

3台目はトムスが開発に参画するとともにレース参戦も指揮する『レクサス RC F』で、土屋武志、大嶋和也、井口卓人、松井孝允の各選手がエントリー。ニュル初参戦の土屋選手は「自分自身、こうした素晴らしい環境で新しいチャレンジができることにすごくワクワクしている。今までの自分の経験をできるだけ、みなさんのお役に立てるように、さらにドライバーの仲間と一緒になって成長していければと思っている」とコメントしていた。

《小松哲也》

【画像】【東京オートサロン16】GAZOOレーシング ニュル参戦ドライバー「車造りに貢献できれば」(8枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  2. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  3. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  4. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  5. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  6. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
  7. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  8. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  9. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  10. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
ランキングをもっと見る