国交省、特車ゴールド制度を開始…ETC2.0装着車の特殊車両通行許可を簡素化

自動車 社会 行政
特車ゴールド制度
特車ゴールド制度 全 1 枚 拡大写真
国土交通省は、ETC2.0装着車への特殊車両通行許可を簡素化する「特車ゴールド」制度を1月25日より開始すると発表した。

自動車運搬用トレーラーや海上コンテナ車など大型特殊車輌は事前に通行許可の申請が義務付けられている。渋滞や災害発生時の迂回も考慮し、複数の経路を申請するが、一本一本の経路ごとに大量の申請が必要で、物流業者にとって負担となっていた。

「特車ゴールド」制度では、業務支援用ETC2.0車載器を装着し、利用規約等に同意してあらかじめ登録した車両は、大型車誘導区間における経路選択を可能とする許可を行う。そのため、大型車誘導区間内であれば渋滞や事故、災害等による通行障害発生時の迂回ができ、輸送を効率化。また、許可更新時の手続きを自動化し、手続きが従来に比べ簡素化される。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 苫小牧東部開発新計画の進め方の概要
  • 貨物列車(イメージ)
  • イメージ
  • 復興道路・復興支援道路の整備状況
  • VW ID.4X(左)とID.3(右) のプロトタイプをスクープ
  • ブラバス V250d カスタムカー
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/01/22/268336.html/article/2016/01/22/268335.html/article/2016/01/22/268337.html