【リコール】トヨタ ランドクルーザー ワゴン など、エアバッグ誤作動のおそれ

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ ランドクルーザー ワゴン
トヨタ ランドクルーザー ワゴン 全 2 枚 拡大写真
トヨタ自動車は2月3日、『ランドクルーザー ワゴン』などのエアバッグコントロールユニットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『ランドクルーザー ワゴン』と『ランドクルーザー ワゴン』の2車種で、2002年7月31日~2006年6月7日に製造された計1679台。

エアバッグコントロールユニットの起動プログラムが不適切なため、不整地等でエンジン始動直後に段差乗り越え等をすると、横転判定センサのゼロ点がずれることがある。そのため、車両が傾くだけで、横転と誤判定してカーテンシールドエアバッグおよびシートベルトプリテンショナが作動するおそれがある。

改善措置として、全車両、システム起動プログラムを修正したエアバッグコントロールユニットに交換する。

不具合および事故は起きていない。海外からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日野デュトロ
  • トヨタ ダイナ(2019年)
  • 日産セレナ(C26)
  • アウディ TT クーペ (2018年)
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ