【ジャパンボートショー16】不沈ボートを開発、6月から販売開始…沖縄の中小企業

船舶 エンタメ・イベント
フォーシーが6月から販売する不沈ボート「ハンターボート-300」
フォーシーが6月から販売する不沈ボート「ハンターボート-300」 全 3 枚 拡大写真
沖縄県浦添市に本社を構えるフォーシーは「ジャパンインターナショナルボートショー2016」に初出展。開発したばかりの不沈ボート『ハンターボート-300』を披露し、6月から販売を開始するという。

同社は不沈カヤックなどを製造・販売している中小企業だが、ユーザーからカヤックよりも少し大きいボートがほしいとの声が相次いだ。それならばと、開発したのが今回展示したボートだったわけだ。

全長3m、全幅1.1mで、重量が43kgとこの種のボートとしては非常に軽く、最大積載量は230kg。素材は耐久性の強い高密度ポリエチレン樹脂を使用し、二重構造の一体成型でつくりあげた。二重構造の間が中空になっているので、ボートに大量の水が入っても沈まないというわけだ。

「2mの高さからコンクリートに落としても大丈夫ですし、汚れたら水で洗えばいいだけなので、メンテナンスも非常に楽です。うちでは野ざらしで保管していますよ」と同社関係者は話す。これまでに15艇の受注があったそうだ。

価格は15万8000円。そのほかオプション品として、2馬力のエンジン(8万9000円)、回転シート(1万800円)、跳ね上げドーリー(1万9800円)、ロッドホルダー(2500円)などがある。

《山田清志》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  2. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  3. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  4. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  5. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  6. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
  7. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  8. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  9. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  10. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
ランキングをもっと見る