プジョー 3008、新パワートレイン搭載でパワーアップ…349万円

自動車 ニューモデル 新型車
プジョー 3008
プジョー 3008 全 3 枚 拡大写真
プジョー・シトロエン・ジャポンは、新パワートレインを搭載したプジョー『3008』を3月8日より発売する。

新型車は、インジェクションノズルを改良した新しい燃料噴射システムを採用する1.6リットル4気筒直噴ターボエンジンを搭載。均一な混合気による理想的な燃焼を実現し、最高出力を9ps向上させ、165psにパワーアップした。トランスミッションは第3世代の6速AT「EAT6」を採用。さらにストップ&スタート機構も搭載し、燃費は現行モデル比で40%アップの14.6km/リットルとなった。

また、グリップコントロールシステムを搭載し、駆動輪へのエンジントルクとブレーキを制御して滑りやすい路面でも走行をサポート。ノーマルモードおよびオフに加え、路面状況に合わせ「スノー」「マッド(泥、ぬかるみ)」「サンド(砂地)」の3モードを備え、トラクション、ブレーキング、ハンドリングの総合性能において最適な走破性を発揮する。

エクステリアは、SUVとしての力強いデザインと都会的でスマートなアクセントを両立。プジョーのフロントフェイスを象徴するフローティンググリルを配し、新しさを印象づけている。インテリアでは上下2分割テールゲートをはじめ、機能性に優れたラゲッジルームで、あらゆる用途に的確に対応する。

ボディカラーはパールホワイト、グレー、ブラック、ブルー、ホワイトの全5色。価格は349万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プジョー 5008 クロスシティBlueHDi
  • プジョー 3008
  • プジョー 3008 GTラインBlueHDi(左)と5008 GTラインBlueHDi
  • BEWITHがプジョーのディーラーオプションに正式採用される
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE

ピックアップ