コンチネンタル、高解像度3Dフラッシュライダー事業を買収…自動運転実現を加速

自動車 テクノロジー 安全
高解像度3Dフラッシュライダー
高解像度3Dフラッシュライダー 全 2 枚 拡大写真
コンチネンタルは、米国Advanced Scientific Concepts社(ASC)から高解像度3Dフラッシュライダー事業を取得することを発表した。買収価格は非公表。

高解像度3Dフラッシュライダー技術は、リアルタイムの画像認識と周辺環境認識を同時に実現できることが大きな特徴。より詳細かつ正確に車両周囲の視界を実現し、昼夜問わず、悪天候下でも堅牢な性能を発揮する。同技術は、将来型のソリューションとして既存の運転者支援システム(ADAS)製品ポートフォリオを補完し、高度自動運転や完全自動運転の実現に必要となる周辺センサー群に組み込まれる予定だ。

今回の事業統合にあたり、ASCの従業員はコンチネンタルのシャシー&セーフティー部門ADAS事業部に加わり、カリフォルニア州サンタバーバラにビジネスセグメントの本部を構える。長期的には、同技術エリアで100名超のエンジニア組織へと成長する見込みだ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コンチネンタル本社(独ハノーバー)
  • コンチネンタルのパワートレイン部門のヴィテスコ・テクノロジーのブランドイメージ
  • コンチネンタルが車両のAIシステム開発用にエヌビディアの技術を導入した構築した自社のスーパーコンピューター
  • コンチネンタルの電動パワートレイン車向け専用タイヤに採用される「ContiSilent」テクノロジー
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ