クライスラーの新型ミニバン、パシフィカ …カナダで生産開始

自動車 ニューモデル 新型車
クライスラー パシフィカ
クライスラー パシフィカ 全 3 枚 拡大写真
米国の自動車大手、FCA US(旧クライスラーグループ)は2月29日、クライスラーブランドの新型ミニバン、『パシフィカ』の生産を、カナダ・オンタリオ州ウィンザー工場で開始した。

パシフィカは1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー16で初公開。同車は、クライスラーのミニバン、『タウン&カントリー』の後継モデル。先代モデルのデビューから7年が経過してのモデルチェンジを機に、車名をパシフィカに一新した。

パシフィカはミニバンセグメントにおいて、機能性や使い勝手、技術などの面で、新基準を打ち立てることが目標。そのために、車台を新開発。乗り心地やハンドリング、NVH性能でクラスをリードすることを目指す。

装備面では、ミニバンセグメントで初の装備を、約40導入。とくに、安全性とセキュリティ面では、100以上の装備を、標準またはオプションで用意した。具体的には、360度のサラウンドビューカメラ、駐車アシスト、アダプティブクルーズコントロールなどがそろう。

2月29日、FCA USのカナダ・オンタリオ州ウィンザー工場から、パシフィカの量産第一号車がラインオフ。工場の従業員が、量産第一号車の出荷を祝福した。同工場は、1983年の稼働以来、累計1400万台のミニバンを生産している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・グランドチェロキー・サミット
  • アルファロメオ・ステルヴィオ
  • 2024年型クライスラーE8
  • クライスラー300Sスポーツアピアランスパッケージ
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/03/09/271237.html/article/2016/03/09/271236.html/article/2016/03/09/271238.html