矢崎、デジタルタコグラフと連動する業務支援用ETC2.0車載器を発売

自動車 テクノロジー ITS
矢崎 ETC-YP200
矢崎 ETC-YP200 全 2 枚 拡大写真
矢崎エナジーシステムは、矢崎製デジタルタコグラフ等と連動する業務支援用のGPS付き発話型ETC2.0車載器2機種を3月21日より順次発売する。

新製品は、ETCアンテナにGPSを内蔵。カーナビやスマートフォンがなくても、車載器単体で次世代型自動料金収受システム「ETC2.0」のサービスを利用できる。

また、従来の同社製ETC車載器との連動互換を確保しており、同社製デジタルタコグラフ、ドライブレコーダーやタクシーメーター等の機器と連動。現状の運用方法を変えることなく、ETC車載器を交換できる。

ラインアップはスピーカー付きの「ETC-YP200」と非搭載の「ETC-YD201」の2モデル。価格はいずれもオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 矢崎総業の矢崎信二社長(崎は立つ崎。東京モーターショー2019)
  • 矢崎総業 ブースイメージ
  • 矢崎総業 ブースイメージ
  • 矢崎総業 ブースイメージ
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ