【IAAE16】補修部品ECの「部品MAX」、ポイントは休日配送にあり…ブロードリーフ

自動車 ビジネス 国内マーケット
部品MAXのトップ画面
部品MAXのトップ画面 全 3 枚 拡大写真
ブロードリーフのブースでは16日にリリースされたばかりの「部品MAX」がデモ展示されていた。説明では補修部品のECサイトとのことで、5月上旬にサービスインを目指している。

ブースでの説明によれば「Amazonのサービスをイメージしてもらえるといちばん近い」のだそうだ。部品を出品するサプライヤーは同社の「PM.NS」というサービスを利用していれば、部品MAXにも商品を登録できる。部品MAXはオープンなオンラインショップ形式なので、整備工場などはブラウザで部品MAXサイトにアクセスすれば、希望の商品を検索・購入できる。

検索は「型式」「品番」「車種」といった業者向けの分類だが、部品カテゴリ別のメニューも用意されており、購入はカード決済なので、個人でも問題なく利用できそうだ。

しかし、このような調達サイト、ECサイトはとくに新しいものではない。整備工場や利用者にとってのメリットを聞いてみたところ、ポイントは日本郵政の配送ネットワークにありそうだ。部品MAXでは注文した部品は「ゆうパック」で届くという。もちろん、ロジスティクスの面でいうなら、大手サプライヤー、メーカーの配送ロジは1日何便もあり、ゆうパックであることの優位性はそれほどではないかもしれないが、プライヤーはブロードリーフの委託倉庫に在庫でき、そこからの発送は最短で翌日着が可能だという。しかもゆうパックは土日配送もある。

急ぎで週末対応したいときなど便利ではないだろうか。土日も営業している整備工場やショップにしてみれば、緊急対応のときに納期を含めて調達先のオプションが増えるのは歓迎だろう。

なお、当面、取引可能な部品はゆうパックのサイズ規定等に合致したものになるそうだ。

《中尾真二》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ谷本敦彦氏×夏野剛選考委員長「MaaSアワード大賞」受賞記念対談
  • MaaSアワード2020、大賞のダイハツ工業
  • 国際オートアフターマーケットEXPO
  • KeePer技研(IAAE 2019)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ