曙ブレーキ、マクラーレン P1 搭載の高性能ブレーキで日本機械学会賞を受賞

自動車 ビジネス 国内マーケット
P1用ブレーキシステム
P1用ブレーキシステム 全 2 枚 拡大写真
曙ブレーキ工業は3月17日、「市販ロードカー用高性能自動車ブレーキの開発と量産化」で、2015年度「日本機械学会賞(技術)」の受賞が決定したと発表した。

日本機械学会賞は、日本の機械工学と工業の発展を奨励することを目的に1958年に創設。毎年優れた論文、技術、製品が表彰されている。同社は1982年、「乗用車用新形ディスクブレーキの開発」において、自動車部品業界で初めて日本機械学会賞を受賞しており、今回は2回目の受賞となる。

今回の受賞は、超高速・高温域からの安定した制動性能と大幅な軽量化の実現、および市街地走行での快適性の両立が高く評価された。この市販ロードカー用高性能自動車ブレーキは、マクラーレンが2013年に発売したスーパーカー『P1』に搭載されている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ発動機 袋井南工場 生産ライン
  • 曙ブレーキ
  • 曙ブレーキ
  • トヨタ・ヤリス新型
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV