FCA、米工場の従業員を一時解雇…クライスラーセダンの生産調整

自動車 ビジネス 企業動向
クライスラー 200
クライスラー 200 全 3 枚 拡大写真
米国の自動車大手、FCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)。同社が米国の一部工場の従業員に対して、一時解雇を通知していたことが分かった。

これは4月6日、全米自動車労組(UAW)が明らかにしたもの。「FCAが米国ミシガン州のスターリングハイト組み立て工場の減産を発表したのは、遺憾」との声明を出している。

全米自動車労組によると、FCAはスターリングハイト組み立て工場の従業員およそ1420名に対して、一時解雇を通知したという。

その理由は、同工場で生産しているクライスラーブランドの主力セダン、『200』の販売不振。FCAは生産調整を目的に、同工場の従業員の一時解雇に踏み切った。

全米自動車労組は、「FCAはSUVやピックアップトラックを増産する計画。長期的な視点では、今回の一時解雇が、従業員やFCAにポジティブに作用すると信じている」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • FCAの電動車向け急速充電ステーション「モビリティストア」
  • FCAのPHVが都市部の電動車専用エリアで自動でEVモードに切り替えるテスト
  • FCAのイタリア・トリノ・ミラフィオリ工場でのV2Gプロジェクト完成予想イメージ。最大700台のEVを相互接続する
  • フォードモーターの米国ミシガン州ディアボーン工場
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ