日産メキシコ工場、50周年記念式典

自動車 ビジネス 企業動向
日産メキシコ工場50周年記念式典
日産メキシコ工場50周年記念式典 全 3 枚 拡大写真
日産自動車のメキシコ法人、日産メキシコは5月3日、同社のメキシコ工場の50周年記念式典を開催した。

日産は1966年、メキシコのCIVAC工場を稼働。ダットサン『ブルーバード』の組み立てを開始したのが、原点だった。同工場は日産にとって、初の海外生産拠点。

さらに日産は1982年、メキシコのアグアスカリエンテス工場を稼働。まずは、エンジンの組み立てや車体のプレス加工のみを行っていた。1992年には、完成車の生産を開始している。

2015年5月末には、メキシコでの累計生産台数が1000万台に到達。日産は2015年度、メキシコでおよそ83万を生産した。

50周年記念式典において、日産自動車の北米事業を統括するホセ・ムニョス副社長は、「日産メキシコの年間生産台数の毎年の記録更新は、CIVAC工場の生産能力の増強なしでは、達成できなかっただろう」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東武バス
  • マーチニスモS(ニスモパーツ装着車)
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • 日産 ローグ 新型
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV