ホンダ、米トランスミッション工場10周年…累計生産270万基

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダの米ジョージア州タラポーザのトランスミッション工場
ホンダの米ジョージア州タラポーザのトランスミッション工場 全 1 枚 拡大写真
ホンダは5月12日、米国ジョージア州のトランスミッション工場が稼働から10周年を迎えた、と発表した。

ホンダは2006年、ジョージア州タラポーザにトランスミッション工場を開業。当初、179名の従業員で、5速MTの生産を開始した。

現在、従業員は500名以上。トランスミッションの年産能力は37万5000基。北米製の『オデッセイ』、『パイロット』、『リッジライン』にトランスミッションを供給している。

今回、ジョージア州タラポーザのトランスミッション工場が、操業開始から10周年を迎えた。トランスミッションの累計生産台数は、およそ270万基に到達する。

ホンダは、「高品質の商品を引き続き、顧客に届けていく」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV