IHI、航空・宇宙・防衛事業好調で増収、ターボチャージャー販売台数はマイナス…2016年3月期決算

自動車 ビジネス 企業動向
IHIウェブサイト
IHIウェブサイト 全 1 枚 拡大写真
IHIが発表した2016年3月期の連結決算は、経常利益が前年同期比82.8%減の97億円と大幅減益だった。

売上高は同5.7%増の1兆5393億円と増収だった。民間航空エンジンの増加や資源・エネルギー・環境事業が伸びた。ターボチャージャーの販売台数は前年同期比9%減の536万台と減少した。

収益では、「航空・宇宙・防衛」セグメントが大幅増益となったものの、採算が悪化しているF-LNG・海洋構造物事業でのコスト増加などの影響で営業利益は同65.1%減の220億円と大幅減益となった。当期純利益は、ボイラ工事案件で工事遅延に伴う費用の特別損失を計上したため、同83.2%減の15億円だった。

今期の通期業績見通しは、売上高が同3.9%増の1兆6000億円、営業利益が同194.8%増の650億円、経常利益が同466.1%増の550億円、純利益が300億円となる見通し。

ターボチャージャーの2016年度の販売見通しは650万台を予想する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動運転車両
  • MaaS時代の隠れた主役:駐車場を再定義する…IHI運搬機械 村井厚則氏[インタビュー]
  • 沼津工場内 自走式駐車設備イメージ
  • IHIが参考出品した大型バス向けリチウムイオン補助電源。DC24Vで200Wを約8時間供給可能
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ