【スズキ バレーノ 試乗】実質重視派に魅力的な存在の「XG」…島崎七生人

試乗記 国産車
スズキ バレーノ XG
スズキ バレーノ XG 全 5 枚 拡大写真

ショーモデルに対し量産型では全幅方向が“調整”されたが、全体の個性的な雰囲気はそのまま。上級の「XT」とはヘッドランプの違いで、幾分かオットリとした表情に見えるのがコチラの「XG」だ。

位置づけはベースグレードだが、搭載エンジンはナチュラルアスピレーションながら4気筒の1.2リットルと、XTの3気筒1リットルより大きい。ただしJC08燃費データは24.6km/リットルと、より高数値(ガソリンもレギュラーだ)。

実車だが、XTと乗り較べると差は実感した。とくにパワー感はスピードを乗せると感じることができる…そんな印象。だがCVTの組み合わせなので、的確なアクセルワークで走らせることでカバーできる。乗り味も15インチながらXTの16インチより若干、雑味があった(メイク、生産国は同一)。走りの気持ちよさの点ではXTに一歩譲る…というのが率直な感想だ。

が、実用面では何ら差はない。空調スイッチはオーソドックスなダイヤル式でこれは直感操作を受け付けてくれる。メーターも中央の液晶表示は専用だが、左右のスピード/タコメーターのダイヤルはくっきりと見やすい共通デザイン。リヤシートのスペースや、床面の高さが2段階に可変可能なトランクスペースも同じだ。小回りが効く実感がかなりある、最小回転半径4.9mはXGでも同じだ。

「レーダーブレーキサポートII」など安全支援関係の機能・装備も標準とのこと。その上で140万円台のプライスタグなのだから、実質重視派には魅力的な存在であるはずだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

《島崎七生人》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  3. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  4. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  5. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  6. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  7. メルセデスベンツ Aクラス、現行初の大幅改良へ…新メッシュグリル見えた!
  8. ルノー カジャー 後継、車名は『オーストラル』に決定…CセグSUV
  9. トヨタがWRCで戦うGR YARIS Rally1 を公開、豊田社長デモラン
  10. テスラ『サイバートラック』、4モーター車から生産へ…2022年
ランキングをもっと見る