米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

自動車 ビジネス 海外マーケット
トヨタ カローラ 米国仕様2011年モデル
トヨタ カローラ 米国仕様2011年モデル 全 3 枚 拡大写真
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は5月23日、タカタ製エアバッグインフレータの不具合による追加リコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回の発表は5月4日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)とタカタの米国子会社が、米国市場におけるエアバッグのリコールに関して修正合意したことを受けての対応。

修正合意では、相安定化硝酸アンモニウムを使用した乾燥剤が入っていない前席エアバッグインフレータのうち、米国においてこれまで市場措置対象となっていないもの全てについて、新たに市場措置の対象に含めることが決定した。

今回トヨタは、この修正合意を受けた追加リコールを米国で実施すると発表。米国市場で過去に販売された約158万4000台を、リコールの対象に加える。

該当車種には、2009-2011年モデルの『カローラ』、2006-2011年モデルの『ヴィッツ』、2007-2011年モデルのレクサス『ES』、2006-2011年モデルのレクサス『IS』などが含まれている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • いすゞ ギガ(参考画像)
  • ドゥカティ・パニガーレV4
  • フォルクスワーゲン ゴルフ(2015年)
  • 改善箇所
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/05/24/275659.html/article/2016/05/24/275658.html/article/2016/05/24/275660.html