4月の自動車タイヤ、販売本数は前年並みの金額は2%減…GfKジャパン調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット
タイヤショップ(資料画像)
タイヤショップ(資料画像) 全 2 枚 拡大写真
GfKジャパンは、2016年4月の自動車タイヤ販売速報を発表した。同データは、全国のカー用品量販店、ガソリンスタンド、インターネットの販売実績を基に市場規模相当に拡大推計したもの。

例年、北海道や東北などで夏タイヤへの履き替えが進む4月は、夏タイヤ販売のピーク期となる。4月の自動車タイヤ販売本数は前月から2割増となるも、前年とは同水準だった。

サイズ別では、195/65/15などのミニバン・セダン向けタイヤは前年からプラス成長となったが、より小型のタイヤは縮小した。平均価格は多くの主要サイズで前年を下回っており、このため4月の自動車タイヤの販売金額は前年比2%減となった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • トヨタの燃料電池車『ミライ』の次期型(東京モーターショー2019)
  • イメージ
  • イメージ
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ