HERE、トヨタの「Touch 2 with Goマルチメディアシステム」に地図データが採用

自動車 ビジネス 企業動向
ノキアの「HERE」の高精度3次元地図データ
ノキアの「HERE」の高精度3次元地図データ 全 1 枚 拡大写真
HEREは、新しい「Toyota Touch 2 with Goマルチメディアシステム」を搭載したトヨタ車にHEREの地図データが採用されると発表した。

2016年に改良されたUXとコネクテッドサービスを備え、コネクテッド・テクノロジー・カンパニーであるHARMANによってデザインされた「Toyota Touch 2 with Goマルチメディアシステム」が搭載されるとともに、HEREのMapCareプログラムを通してドライバーに3年間の無料マップ更新が提供される。

トヨタが「Toyota Touch 2 with Goシステム」用にHEREの地図を選んだのは、充実したデジタル地図データベースを備えているため。

「Toyota Touch 2 with Goシステム」は、2Dまたは3Dの地図表示、リアルタイム・コネクテッド・サービス、使いやすい新型メニューを通してアクセス可能な、一連のアプリケーションをドライバーに提供する。「My Toyota Customer Portal」への登録と接続によって、アカウント作成とアプリケーションのインストールを車内で直接できるほか、MapCareのアップデートをダウンロードできる。

HEREのMapCareは、ドライバーが最新地図にアクセスできることを保証するサービスで、2009年の開始以来、約29の自動車ブランドが同プログラムに参加。MapCareを備えた自動車は800万台以上販売されている。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ