スズキ バレーノ、インドでリコール7.5万台…エアバッグに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット
スズキ バレーノ
スズキ バレーノ 全 4 枚 拡大写真

スズキの新型コンパクトカー、『バレーノ』。同車が日本に続いて、インド市場においてもリコール(回収・無償修理)を実施する。

これは5月27日、スズキのインド子会社、マルチスズキが明らかにしたもの。同社は、「インドで販売したおよそ7万5000台のバレーノをリコールする」と発表している。

このリコールは、エアバッグコントローラの制御プログラムが不適切なことが要因。イグニッションスイッチをオフにした後、特定のタイミングで再度オンにした場合、制御プログラムが消去されてしまう場合がある。

そのため、エアバッグ警告灯が点灯し、衝突時にエアバッグが展開しない恐れがあるという内容。

インドでは、7万5419台のバレーノが、リコールの対象に。マルチスズキは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、エアバッグコントローラの制御プログラムを書き換えるリコール作業を行う。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  3. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  4. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  5. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  6. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  7. メルセデスベンツ Aクラス、現行初の大幅改良へ…新メッシュグリル見えた!
  8. ルノー カジャー 後継、車名は『オーストラル』に決定…CセグSUV
  9. トヨタがWRCで戦うGR YARIS Rally1 を公開、豊田社長デモラン
  10. トヨタ タンドラ 新型、生産開始…ハイブリッドは2022年春から
ランキングをもっと見る