アウディ、国際エンジン賞を7年連続受賞…5気筒2.5ターボ

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
アウディ 2.5TFSI
アウディ 2.5TFSI 全 4 枚 拡大写真
ドイツの高級車メーカー、アウディは6月2日、「インターナショナル エンジン オブ ザ イヤー」の2.0‐2.5リットルのカテゴリーを7年連続で受賞した、と発表した。

今回、受賞したのは、直列5気筒ガソリンターボの「2.5 TFSI」エンジン。『RS Q3 パフォーマンス』をはじめ、『RS Q3』および『RS 3 スポーツバック』に搭載されている。

最新の2.5 TFSIエンジンは、パワーアップ。メインラジエーターをさらに強化し、燃料ポンプを最適化することによって、最大出力を27hp増強した。最大トルクも、45.9kgmから47.4kgmへと強化。その結果、RS Q3 パフォーマンスは、0-100km/h加速がRS Q3よりも0.4秒速い4.4秒、最高速は270km/hに到達する。

アウディエンジンに投票した審査員は、「これほど力強い特性を備えたエンジンは、世界に数えるほどしか存在しない。しかも、この5気筒パワーユニットは、1980年代のグループBラリーカーの独特なエンジンサウンドを思い起こさせる」とコメント。

アウディの技術開発担当、ステファン・クニゥシュ取締役は、「この賞は、5気筒エンジンにおける当社の開発戦略の妥当性を確認するもの」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV